当院について

思い

「病気やケガで困っている人の手助けをしていきたい」    これは、創業者 青蛛@兼之介の思いです。 私ども青柳病院は大正10年、青蛹灯V介によって作られました。その後、太平洋戦争が始まり、敗色が濃くなってきた昭和20年8月2日、水戸の空襲によって辺りは焼け野原となり、青柳病院は焼失しました。ですが、同じ年の10月に青柳医院として再開します。この再開までの2カ月間、青蛹灯V介はどのようなことを考えたのか?水戸の町は空襲により焼け野原となり、生き残った人たちは病気やケガで苦しんでいました。この地にもう一度医療を提供しなければならない、自分たちの医療で地域の人たちを助けなければならない。この思いで同じ地にもう一度青柳医院を立ち上げました。

この思いは、現在でも私たちの中で生き続けております。

ご挨拶

  当院は、私たちの「思い」のもと地域の皆様を幸せにする優しい医療を目指し、外来治療、入院治療を行っております。さらに、通院が難しくなった患者様には訪問診療も実施しており、長く安心して診療を受けていただける環境を作っております。
今年、令和2年は創業100年を迎えました。今後も地域医療へ貢献していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

当院での診療の簡単な説明

・生活習慣病の治療
・CT、MRIの検査
・内視鏡検査
・胃ろうの増設・交換
・大腿部頸部骨折等の整形外科的治療・手術
・手術後の在宅復帰に向けてのリハビリ入院
・レスパイト入院


  など、地域の皆様からのご要望の高い治療に幅広く対応しております。 どうぞお気軽に当院までご相談ください。


院長 青柳 兼之

当院の概要

  • 一般病床60床
  • 入院基本料15対1
  • 看護補助加算1
  • 救急医療管理加算
  • 医師事務作業50対1補助体制加算2
  • 救急搬送患者地域連携受入加算
  • 運動器リハビリテーションU
  • 脳血管疾患等リハビリテーションV
  • ペースメーカー移植術・ペースメーカー交換術(電池交換含む)
  •   
  • 医科点数表第2章第10節手術の通則5及び6に掲げる手術
  • 夜間休日救急搬送医学管理料
  •   
  • 胃瘻増設術
  • CT撮影(16列以上64節未満)
  • 入院時食事療養(U)
  • 180日超え入院料の選定療養
  • 認知症ケア加算2
  • 退院支援加算1